看護師1年目 辞めたい、転職できる?

Pocket

看護師1年目で辞めたい、転職したいのってダメ?

やっとなった看護師1年目。

でも、実際に病院に就職して新卒看護師として働き始めて、1ヶ月、2ヶ月。
もう看護師を辞めたいと思っている・・・

看護師になったばかりだけど、もう毎日辞めることしか考えていない

いきなり職場の人間関係が最悪、指導係の先輩と合わないし毎日地獄・・・

看護師1年目、辞めたいと思っているナースは実はたくさんいます。
そして、実際に勤務している病院を辞めてる新人ナースも病院によってはかなりの割合に上るのではないでしょうか。

実際には1年目では辞めないで、2年目で辞める看護師も多いです。
潜在的には「辞めたい」と考えている新卒看護師はとても多いはずです。

1年目で看護師を辞めたいと思っている方は、たくさんいます。

そして1年目で辞めても、次の転職先は見つかります。

場合によっては転職して、もっと自分に合った転職先を見つけてイキイキ働くことを目指した方が良いと思います。

1年目の看護師でも転職することは可能です。

そのために活用をおすすめする、第二新卒看護師の転職にも強い、看護師転職エージェントをご紹介します。

看護師1年目、病院を辞める人の割合は?

それまでとは大きく違う環境で働き始める看護師1年目、あまりに厳しい現実や人間関係、希望の配属との違いなどから辞める新人看護師は多いです。

看護師1年目、国内にある病院では100未満、200床未満の病院で約7割となりますが、こうした多くを占める規模の病院で見ると新人看護師で辞めるのは10人に1人となっています。

日本看護協会「2019年 病院看護実態調査」によれば、病院規模別の看護職員離職率は次のようになっています。

「2018年度離職率(2019年調査)」より

      正規雇用看護職員
全体     10.7%
99床以下   11.5%
100~199床  11.5%
200~299床  11.0%
300~399床  10.6%
400~499床  10.2%
500床以上   10.4%

      新卒採用者
全体     7.8%
99床以下   11.3%
100~199床  9.5%
200~299床  7.9%
300~399床  6.8%
400~499床  8.3%
500床以上   7.4%

      既卒採用者
全体     17.7%
99床以下   25.7%
100~199床  19.6%
200~299床  16.7%
300~399床  15.0%
400~499床  14.1%
500床以上   11.7%

調査結果の中では、

正規雇用看護職員の離職率、新卒採用者の離職率、既卒採用者の離職率とも、「99 床以下」「100~199 床」の病院では離職率が高く、例年と同様の傾向だった

とも書かれています。

日本国内に病院の約7割を100床未満、200床未満の病院で占めていますから、その規模の病院だけで見ると、新卒看護師の10人に1人が1年目で退職していることになります。

中には1ヶ月、2ヶ月といった短期離職となる新人看護師の方もいるでしょう。

毎年およそ6,000人の看護師が1年目で病院を辞める、といわれています。

規模の大きな病院になればなるほど、新卒看護師も既卒の看護師も離職率は下がっていきます。

看護師全体の離職率は近年は大体同じような離職率で推移しています。

看護師は転職しやすい職種、復職しやすい職種といわれていますが、1年目の看護師の転職はどうなのでしょうか?

看護師1年目で転職しても大丈夫?

看護師1年目の転職

結論からいうと、看護師1年目で転職しても大丈夫です。

先ほど新卒看護師の離職率についてみてきましたが、実際に全体でも毎年約8%の新卒看護師が離職していますし、200床未満の病院では約10%が離職しています。
その多くは、看護師1年目で転職をしている、ということになります。

せっかく国家資格に合格してなった看護師ですから、職場を変えて働き続ける看護師さんは多いでしょう。

看護師1年目、2年目と経験の浅い第二新卒看護師を積極的に採用、受け入れている定着率の高い病院はあります。

ただし急性期ではない病院が多いなどもありますので、やりたい看護ができるかどうかは、しっかりと情報収集をする必要があるでしょう。

看護師1年目でも転職先は見つかるので安心してください

もし看護師1年目で辞めたい、もう無理、限界
転職しよう・・・

と決断した場合。

看護師はとても需要が高い職種ですから、経験の浅い1年目の看護師であっても、次の転職先を見つけることは可能です。

例え1年目、数ヶ月であったとしても、看護師として病院で働いています。

実際の現場を経験しているからこそ、次のキャリア設計をしっかりと考えることができるようになっています。

今の病院を辞めたい理由を明確にして、転職先の条件に優先順位をつけることが大切ですね。

せっかく転職しても、また同じような理由で「辞めたい・・・」となるのは避ける必要があります。

1年目で転職した、という経歴はずっと残りますし看護師1年目で2回も転職している、という経歴になるのは避けたいところです。

1回目の転職であれば、短期離職となる新人看護師であってもそこまで問題にしない、人物重視、転職理由次第、という病院は多いです。

「今の病院を辞めたい理由、転職先の条件」

を明確にすることで、転職エージェントを利用しても次の転職先を探しやしく鳴ります。

エージェントも希望がはっきりしている方が、より精度の高いマッチングが可能となります。

利用するのは、サポートが手厚く求人数が多い

⇒ マイナビ看護師

⇒ 看護のお仕事

などの看護師転職エージェントが良いでしょう。

看護師1年目、多い転職理由

看護師1年目。

入職して1年目、本来であれば希望をもって働き始め、様々な経験を積み看護スキルを高めていく時期であるはずなのに、

「辞めたい・・・」

と思う理由は、大きく3つに分けることができます。

・人間関係
・看護師の業務
・労働環境

です。

看護師1年目、多く見られる転職理由としては次のようなものが挙げられます。

人間関係の悩み

悩む看護師

先輩、同僚、プリセプターなどとの人間関係の悩みから、辞めたいと考える新人看護師はとても多いようです。

中には、イジメ・嫌がらせなどがあって悩んでいる・・・という病棟などもあるかもしれません。

人間関係に悩むと、働くのがとても辛くなります。

人数が多い総合病院の病棟などでも人間関係は複雑です。

人数が少ない職場こそ逃げ場が無いですから、人間関係が合わないと毎日がとても辛いものとなります。

人数が少ないほど病棟や職場ほど、辛いかもしれませんね・・・。

先輩からのいじめ、同僚とどうしても合わない、プリセプターと人間関係がこじれてしまい毎日が辛い・・・など人間関係によって退職を考える新人看護師さんも多いといえます。

職場の人間関係だけではなく、患者さんとの人間関係に悩むケースもあります。

看護師の仕事が忙し過ぎて辛い

夜勤病棟

学生だったときと、実際に入職して実際に看護師として働きだしてみると全然違いますよね。

予想以上に激務、仕事が大変で辛い・・・

1年目で腰痛になってしまった、夜勤が辛すぎる・・・

看護学生だった頃に研修で入った時とはまるで違う忙しさ、プレッシャー。

特に5月の連休で緊張の糸が切れて、もう辞めたい・・・となる新人看護師の方は多いようです。

職場によっては、人手不足のためなのか夜勤に入る時期も早く、スキル不足の悩みも加わり、辞めたい気持ちが加速する方もいるかもしれません。

残業が多い

看護師は残業が多いといえます。

1日の勤務時間が終わる間際に急患が運ばれてくる、病棟の患者さんが急変する、といったことは特に急性期病院に多いですが、目の前の患者さんを放っておいて帰るのは難しい・・・ですよね。

特に新人看護師としてまだ看護技術も未熟ですし、仕事の流れも分からない部分もあるでしょう。

そのため、効率良く仕事ができずに残業も増えがちです。

職場によってはサービス残業となることもあります。

長時間の残業も、しっかり残業代が出れば良いですがサービス残業だと次第に辛くなってきます。

ただし、看護師は残業が多いとはいっても、これも病院や職場によります。

残業時間抑制に病院で取り組んでいるところもあります。

働きやすい病院を見つけて転職するケースも多いです。

クリニック、残業無しの健診センターなどへ転職するという方法もあります。

経験が浅い1年目の看護師さんでも採用しているクリニックや訪問看護ステーションなどもありますよ。

事前に研修やサポート体制について確認してから転職すれば、必要な看護技術は身に付けられるはずです。

再び大学病院に戻りたい、救急外来で働きたいといった場合には難しくなるかもしれませんが、その後もずっとクリニックなど働きやすい職場を中心に考えている場合には、特に問題なく仕事を続けられる看護師さんが多いようです。

研修、勉強会などが多い

資格の勉強

これも病院によりますが、看護師は研修や勉強会が多いです。

担当することがある場合には、下調べ、準備などでさらに時間が必要になるため負担が増します。

夜勤明け、休日返上で勉強会などへ参加することも多いでしょう。

休みも仕事のようなものですから、疲れも取れずにストレスが溜まる・・・といった1年目の看護師さんも多いのではないでしょうか。

ただ、勉強会に関しては院内では行っていない病院もありますので、スキルを考えると勉強会を価値あるものとして考えられると、メリットもあるとはいえます。

でも・・・多くの休日が潰れるのは辛いですね。

勉強会の頻度もほどほどであれば、良いのに・・・といった不満はあるかもしれません。

勉強会が多過ぎる。
勉強が追いつかない、準備の負担が大きい、通常業務にも支障が出ている。

負担が大きすぎてストレスになっている場合には、もう少し余裕をもって働くことが出来る科への異動を相談してみたり、病院を変える(転職)ことも考えてみても良いかもしれません。

患者さんの命を預かるプレッシャー

看護師夜勤バイト

看護師1年目、多くの新人看護師さんが感じるのが仕事の責任の大きさ、プレッシャーでしょう。

担当している患者さんが亡くなる、といった経験をいきなるするケースもあるようです。

1年目の看護師であっても実際に患者さんの命に関わる業務も多いですよね。

ミスは許されません。

その上、徐々に夜勤も始まり疲労の蓄積や睡眠不足などが重なり、ヒヤリハットを起こしてしまう・・・

実際にミスを起こしてしまい思いっきり怒られてしまう、始末書を書く羽目に・・・といったこともあるかもしれません。

責任感が強く、真面目な看護師さんほど責任の大きさ、プレッシャーを感じて悩むことが多いようです。

その他の看護師1年目、退職理由

他の退職理由としては、

「希望した配属先ではなかったため」

「本当にやりたい仕事が見つかった」

といったような退職理由も見られます。

辞めたい、と考えた場合にはまず信頼できる上長(いない場合もありますが)に相談する看護師さんが多いのでは、と思います。

ただ、親身になって相談に乗ってくれたとしても、解決に至らないことも多いのではないでしょうか。

もちろん、話せば楽になる、というのはあります。

それによって1年目という辛い時期を乗り越えられるかもしれません。
(看護師2年目の方が辛い、という話もありますが・・・)

どうしても辞めたい、限界を感じているという場合には、転職することも考えた方が良いかもしれません。

精神的、体力的に追い詰められてしまう前に環境を変えるのは「逃げ」ではありません。

看護師の仕事は続けたい、という方は多いでしょう。

もっと働きやすい病院はあります。

クリニックや訪問看護ステーションなどでも経験が浅い1年目、2年目の看護師を採用しているところも多いですから、やりたい仕事、働き方などを考えて転職先をお探しになってみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職先を探すためには情報収集が大切ですが、看護師専門の転職エージェントを利用することで、様々な職場の情報を得ることができます。

病院やクリニック、介護施設の情報を持つ看護師転職エージェントの活用が欠かせないといえます。

看護師1年目の転職に強いおすすめ転職エージェント【3選】

希望条件にあった看護師求人さがし

看護師1年目の転職ではサポートが手厚い転職エージェントを利用されると良いでしょう。

転職先を選ぶ際のポイント、アドバイスを貰うことができます。

今までの第二新卒看護師の事例から、失敗しないために気をつけた方が良いポイントを教えて貰うことも重要です。

次の転職エージェントは、経験の浅い看護師が転職を目指す場合におすすめの転職エージェントです。

サポートが手厚く、第二新卒看護師の転職にも多くの実績がある次のような転職エージェントを利用されることをおすすめします。

マイナビ看護師

転職エージェント、大手のマイナビ看護師です。

全国の看護師求人を取り扱っており、業界トップクラスの求人数を扱っています。

サポートの手厚さでも昔から評判が高く、看護師経験の浅い方の転職にもおすすめです。

⇒ マイナビ看護師

看護のお仕事

看護のお仕事

サポートの手厚さから利用者満足度が高い転職エージェントが、看護のお仕事です。

看護師求人数も業界トップクラス。

情報量が多いですから、様々な職場の働き方、待遇などを比較して自分に合った転職先を探すことができます。

全国の看護師求人を扱っています。

看護師1年目で初めての転職に不安な看護師さんにおすすめの転職エージェントです。

⇒ 看護のお仕事

ナース人材バンク

紹介実績No.1!看護師転職エージェントがナース人材バンクです。

大手転職エージェントとして、毎月多くの看護師さんが利用されています。

新卒者や第二新卒看護師でも安心して働ける、研修が充実している病院などを探す際にもおすすめです。

コンサルタントも丁寧にサポートしてくれるという口コミも多く見られます。

1年目など経験の浅い看護師さんにもおすすめの転職エージェントです。

⇒ ナース人材バンク

看護師1年目でも転職は大丈夫、転職先となる病院、職場は多いです

看護師1年目、転職しても大丈夫かな?

と悩んでいる方は多いと思います。

その後のキャリアを考えると、

「1年目で辞めた」

という経歴はずっと付いて回りますが、その後に働きやすい職場を見つけ長く働くことができれば問題ありません。

問題になるのは、短期離職を繰り返してしまい1年目、2年目なのに転職回数が3回、4回と増えてしまうことです。

転職しやすい看護師という職業とは言え、年齢に見合わない転職回数になると、その後の転職先探しは困難になっていきます。

人手不足と言われ続けている看護師ですから経験の浅い看護師であっても需要はあります。

定着率が高く、研修も手厚い病院もあります。

そうした病院への転職を希望されている1年目の看護師さんも多いのではないでしょうか。

改めて看護師技術を学び直したい、中途採用でもプリセプター制度が適用される病院に転職したい、など希望をお持ちの看護師さんもいらっしゃると思います。

特に放置されていて何も教えてもらえなかった、という場合には新卒看護師と一緒のような感じになりますから、学びたい気持ちは強いのではないでしょうか。

転職を決断されたのでしたら、ご紹介したような看護師専門の転職エージェントを活用する方法がおすすめです。

病院などの詳しい内部情報を得て、転職に成功するように、しっかりと応募を検討されることをおすすめしたいと思います。


看護師派遣会社おすすめランキングはこちら

MCナースネット インタビュー記事

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket

看護師1年目 辞めたい、転職できる?:関連ページ

夜勤が辛い!辞めたい看護師向けの職場
夜勤を辞めたい看護師、辞めても良い? 夜勤はきつい、辛いですよね。 新人看護師が辞めたいと考えるピーク時期は、 […]
看護師一年目の転職、クリニックは無理?
看護師一年目、クリニックへ転職 看護師一年目の途中でクリニックに転職したい、ということで求人サイトをチェックし […]
看護師の転職、一年未満でも大丈夫
新卒看護師、一年未満で転職 1年目の看護師さんでも退職、転職をする方は多いです。 新卒看護師として入職。 夢だ […]