看護師バイト単発求人に強い派遣会社 > 看護師ダブルワーク > 看護師ダブルワークおすすめ単発求人

看護師ダブルワーク


看護師ダブルワーク 単発

看護師ダブルワークには単発バイトが働きやすく人気です。
パート・バイトといて掛け持ち・ダブルワークをする場合には、最低勤務日数などがあるためにシフトのやり繰りに苦労することもあると思いますが、単発バイトであれば1日だけの勤務となるためダブルワークでも働きやすいメリットがあります。
人気の看護師単発バイト、効率良く単発・スポット求人を見つけるためにオススメの看護師派遣会社について、ご紹介しています。

看護師ダブルワーク、掛け持ちしやすい仕事

ダブルワークで働きたい、という場合、多くの看護師さんは本業(病院勤務)があって、休日に掛け持ちとしてアルバイトをしたい、という場合が多いと思います。
看護師バイトで1日だけ働く
看護師単発バイトの中には「ダブルワーク可」と書かれた求人がありますので、そうしたダブルワーク可の看護師求人募集を中心に探すとスムーズにアルバイトが決まりやすいです。

看護師ダブルワークでよく募集を見ることが出来るお仕事としては、

・デイサービス
・訪問入浴(巡回入浴)
・有料老人ホーム
・夜勤専従看護師(病棟、介護施設)
・イベントナース(イベント待機)

などが単発・スポットでの募集も比較的多いので、休日などにもアルバイトしやすいと思います。
土日などが毎週確実に休み、という勤務のナースも多いのではないでしょうか。

色々な看護師求人サイトで調べてみましたが、夜勤専従看護師求人は多いですね。

それだけ夜勤が出来る看護師の人数に困っている病院や有料老人ホームなどが多いのでしょう。

看護師単発バイトとして働きたい、もしくは週に1回程度掛け持ちで働きたい、といった場合も相談してみてください。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

医療ワーカー

パソナメディカル

といった看護師求人サイトに情報を確認されることをおすすめしたいと思います。

看護師ダブルワーク 看護師夜勤バイトで高収入

看護師夜勤バイト
看護師のダブルワークで定番ともいえるのが夜勤バイトです。

単発の夜勤バイトもありますし、週1日勤務する夜勤バイトも探すことが出来ます。

夜勤が出来る看護師不足に悩む病院は多いですから、先ほどもご紹介しましたが例えば、看護師夜勤バイト・夜勤専従看護師求人に強い

医療ワーカー

などでは「WワークOK」「掛け持ち歓迎」「勤務日数応相談」といった求人情報を多く見つけることが出来ます。

1夜勤で3万円以上の夜勤バイト求人も多く、少ない日数で副収入を得るには夜勤バイトはピッタリといえます。

楽な夜勤バイト先を探したい場合には、有床クリニック、透析クリニックなどはおすすめと言えます。

自立されている方の多い有料老人ホームなども、仮眠時間がしっかり取りやすいことが多いので、看護師求人をチェックされてみてはいかがでしょうか。

看護師のダブルワークとして定番の夜勤バイトですが、掛け持ちで働く際にはいくつか注意点もあります。

・最低勤務日数
・シフト希望の締切日
・夜間の看護業務の忙しさ
・看護師、介護士の人数
・仮眠状況
・給与

など、働くことを想定した場合、様々なことを確認する必要があります。
転職エージェントを上手く活用されることで、事前にしっかりと情報収集をして希望の働き方、ダブルワークしやすい夜勤バイト先をお選びになってください。

看護師が夜勤バイトでダブルワークする時の注意点

掛け持ち・ダブルワークで夜勤バイトをする看護師さんは多いです。

少ない勤務日数で効率良く高収入を得ることが出来ますから、日勤で何日も休日に働くよりも良いということもあると思います。

職場によっては寝当直の夜勤バイトとなることもありますので、そうなると体力的にも楽ですよね。

一般的に、看護師として夜勤バイトでダブルワークをする際に注意した方が良いとされる点には次のようなものがあります。

体力的に辛くなる可能性

休日を利用して夜勤バイトで働くことになりますので、睡眠時間が減ることになります。

夜勤には慣れている、という看護師さんもいらっしゃると思いますが、やはり知らず知らずのうちに疲労が蓄積している可能性もあります。

うまく休息する時間を確保するなどして、体調管理に気をつける必要がありますね。

本業もダブルワーク先も突然、体調を崩して欠勤する、ということになると職場に迷惑をかけてしまいます。

ダブルワークをする場合には、今まで以上に体調管理に気をつける必要があるといえますね。

慣らし日勤の期間

夜勤バイトとなる病院によって、夜勤シフトに実際に入るまでに慣らし日勤の期間がある場合は多いですよね。

病院へ直接応募で夜勤にご応募される看護師さんもいらっしゃるかもしれませんが、多くの看護師さんは人材紹介会社を利用して希望条件に沿って求人紹介をうけてご応募されると思います。

看護師紹介会社の担当コンサルタントから、興味を持った病院の夜勤バイトへ応募する際、慣らし日勤の期間についても事前に確認されることをオススメします。

経験によっては慣らし日勤の期間を短縮してもらえるケースもあります。
通常1ヶ月のを2週間など、短縮可能な場合もあるので出来るだけ早く夜勤には入れるようにしたい場合には、確認を依頼されることをオススメします。

本業のお仕事の状況によっては慣らし日勤に入るのが難しい状況もあると思います。
とはいえ最低限、日勤で職場に慣れてからでなくては心配もあるのも確かですよね。

どれくらい慣らし日勤の期間が必要かも事前に注意が必要ではと思います。

夜勤バイトのダブルワークは、勤務日数によっては患者さんの状況の把握が難しい

ダブルワークでの夜勤バイトですから、週に1日の夜勤勤務といった看護師さんが多いと思います。

もっと少なく夜勤回数の看護師さんもいらっしゃるでしょう。
月に2,3日の夜勤といったダブルワークの働き方もありますよね。

頻繁に出勤出来ないために患者さんの状況の把握が難しいといえます。
特に急性期の場合には出勤するたびに新規の患者さん、といった状況も多いのではないでしょうか。

出勤の際、勤務時間よりも早めに病院に行く看護師さんは多いと思いますが、情報収集はとても重要といえるでしょう。

看護師 ダブルワークで働く場合の税金について

看護師としてダブルワークする場合には、少しずつで良いので税金についても勉強されると良いと思います。

民間病院の場合には、就業規則で副業を禁止していない場合も多いですから、支障の無い範囲で掛け持ちで休日にダブルワークでアルバイトをしているナースは意外と多いですね。

国立・公立病院に勤務する場合は看護師も公務員です。
副業NGですから、お勤めの場合にはバレたときのリスク(解雇)が大きいので副業はしない方が良いでしょう。

ちなみに掛け持ちでバイトをした場合、副業として確定申告をする必要がありますが、ダブルワーク可となっている場合は、上記の手続きもスムーズに勧めることが出来る場合が多いです。

具体的には「年間20万円以上の収入がある場合」に、確定申告が必要となります。

看護師のアルバイトって時給が高いので、定期的に単発バイトをしていても超える方は多いと思います。

住民税を普通徴収にすると、自分で収める事になりますから職場には一応バレずにすむ事になります。

特別徴収にすると、本業の職場に合計の収入で課税の連絡がいきますので、確実にバレます。

ダブルワークで働く場合には、確定申告に関しては気をつけた方がよろしいかと思います。

ダブルワーク歓迎の看護師単発求人の場合には、自分で申告したい方が多いですから、先方もそれを了解している事が多いです。

それもあって「Wワーク可」と書かれている求人を探した方が何かと、スムーズだと言えますね。


看護師派遣会社おすすめランキングはこちら

MCナースネット インタビュー記事

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

看護師ダブルワークおすすめ単発求人:関連ページ

関西 看護師ダブルワーク
関西エリア 看護師ダブルワーク歓迎 求人 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山など関西エリアで掛け持ち、ダブル […]
夜勤バイト 看護師パート ダブルワーク
看護師パート、夜勤バイト 掛け持ちダブルワークで働く 看護師として、ダブルワークの働き方は色々と組み合わせが考 […]
Wワーク可あり看護師求人サイト
もう少し給料アップ、給与アップしたい場合 看護師さんの転職理由として、「もう少し給料を上げたい、手取りをアップ […]
掛け持ちOKな看護師バイト・パート
掛け持ちOK、看護師バイト 掛け持ちで仕事をしたい、ということで看護師バイト、パートをお探しになっている方もい […]
献血バイト 掛け持ち
掛け持ち、ダブルワークで献血バイト 看護師のアルバイトを探す時、採血や注射が得意な看護師さんはそのスキルを活か […]