ママナース 夜勤 専従

Pocket

ママナース 夜勤専従の働き方

ママナースが夜勤専で働くことで、かえって日中に時間が取れるから子育てしやすい、というケースもあります。

子育て中のママさんナースに理解があり、勤務に融通が利きやすい病院で夜勤専従パートとして働くことで、しっかり収入を得ながらこそ育児の時間も確保する。

そうしたママナース夜勤専従の働き方もあります。

ママナースが看護師の仕事と子育て限界を感じやすいのは、時間的な両立の難しさといえます。

これをクリアするための働き方の一つが、夜勤専従看護師としての働き方となります。

夜勤専従看護師の給与、子育て中のママにとっての夜勤専従のメリット・デメリット

また、夜勤専従パートなど求人を実際に探したい場合に情報収集におすすめの、看護師の夜勤バイト・夜勤専従パート求人に強い紹介会社や派遣会社についてもご紹介しています。

看護師、ママと仕事を両立するのは大変!

ママナースの両立は難しい・・・

看護師の仕事とママ業を両立するのは、本当に大変です

私も末の子が1歳頃、過労で倒れたことがありますが・・・
体力的な疲労に加えて、精神的な疲労も限界に来ていたんだと思います。

小さな子供がいると、仕事を終えて家に帰っても休めませんよね。
年子の兄弟に、一番上の子もまだ小学校低学年。

日中はなんとか親のサポート、フリーランスの夫に助けて貰ってやり繰りしていましたが、むしろ、家に帰ってからの方が忙しい!といって良い状況です。

乳幼児の間は風邪も引きやすいですし、保育園や幼稚園に入ってからも様々な病気を貰ってきます。

経済的な事情もあり、仕事をする必要はあるけれど看護師として思うように働けない、というのは辛いです。

仕事はしたい、でも子供との時間、家事の時間もしっかり確保したい。

日勤で働く場合、子供たちの学校行事に参加するためのシフト調整もかなり面倒です・・・。

看護師の仕事とママ業を両立するのは大変!

ママナースが両立で苦労するのは時間!

両立で苦労するのは、時間的な問題といって良いでしょう。
残業もどうしてもありますよね。

時短勤務したとしても残業があったりすると、結局、通常の勤務になってる・・・ということも。

突発的な残業は本当に困ります。
帰るに帰れない、ということの方が多いですよね。

そのため、もしこれからママナースとして両立しやすい職場を探したい!転職先や復職先を探したい、といったことであれば、

夜勤専従看護師求人にも強い、

看護のお仕事

医療ワーカー

などを利用して、職場の情報を得てから転職先などを決められる事をおすすめします。

ママナースが夜勤専従で働くメリット

ママナース夜勤専従で働く

ママナースが夜勤専従で働くメリットを挙げるするならば、主に次のようなことがあります。

夜勤専従なので生活リズムを作りやすく、日中の時間が増える

日勤と夜勤の不規則な看護師の仕事は、子育て中でなくても辛いものです。

月8回、夜勤専従で勤務するのであれば連休も多く作れますし、仕事のリズムも一定にしやすいのでかえって楽に感じる、といったナースは多いです。

院内託児所・保育所を利用して子供を預ける場合、夜勤明けも長めに預かって貰えるところもあります。

そういった病院で働けると、夜勤明けの体力回復もしやすいかもしれません。

休みも多く作れるので、子供を公園に遊びに連れて行ったり、小児科などへも連れてきやすいというのは大きなメリットでしょう。

普通に働いていると、子供を病院に連れて行く時間とかもなかなか取れません。

子供たちの日中の学校行事に参加しやすい

子供たちが保育園や幼稚園、小学校に通い出すと日中の行事もとても多くなります。

常勤で働いていると、全ての行事に休みを取って参加するのは無理ではないでしょうか?

PTAやクラス役員の集まりとかも余裕で平日のお昼に入ってきます。
(無断欠席連発で最初から出る気のないママさんもいますが・・・)

夜勤専従だとシフトを優先して決めやすい病院も多く、夜勤明けや休みの日に参加出来るようにスケジュール調整がしやすいというメリットがあります。

夜勤専従は給料が高い

夜勤専従パートの給料も高いところは高いです。

これから夜勤専従の求人を探されるのであれば、しっかり稼げる病院などが見つかると家計も楽になりますね。

夜勤手当が高いのは、魅力です。

1夜勤3万円が相場でしょうか。

高額な給料になれば、1夜勤3万5千円以上でも夜勤専従の求人が見つかります。

月に8回夜勤に入って月収24万円です。

夜勤専従の正社員だとボーナスも出ますね。

子育てにもお金がかかります。

将来の子供の学費も大きな出費になりますから、子供が小さい間にできるだけ貯めておく、というのも大切だといえます。

ママナースが夜勤専従で働くデメリット

メリットもあれば、デメリットもあります。

ママナースが夜勤専従で働くデメリットとして考えられるのは、次のようなことなどがあります。

ママの体調管理の問題

夜勤専従になればシフトがミックスしないので、リズムは作りやすくはなりますが、そこはやはり長時間勤務の夜勤専従ですから、知らず知らずに疲労が溜まってきます。

疲れを感じたら、色々やりたい気持ちを抑えて子供と一緒に昼寝をする、など体力回復を優先した方が良いかもしれません。

夜勤の看護師が急に体調不良で欠勤、となると職場に大きな迷惑をかけてしまいます。

子供の病気の際、急なシフト調整が難しい

子供が小さい間はどうしても急な発熱、病気といったことが多いです。

夜勤は最低限の看護師、2人~3人といった人数での勤務になる職場も多く、急な人員調整は難しいです。

そのため、家族のサポートが欠かせません。

もしくは病児保育対応の病院を選んで転職しておく、といったことも必要かもしれませんね。

ママナースの夜勤、どこで働く?

ママナース歓迎の病院を探すには

夜勤専従看護師求人、様々な職場から出ています。

夜間は看護師が人手不足の病院、施設も多いですからね。

ダブルワーク歓迎の求人が多いことも、夜勤バイト・夜勤専従パートの特徴かもしれません。

掛け持ちでも良いから働きにきて、ということなのでしょう。

ママナースの夜勤ですが、職場選びに大切なポイントとして、

子育てに理解のある職場

を選ぶことは大切ですね。

子供の行事は優先的に休みをくれる、といったことは念のために事前に確認しておいたほうが良いかもしれません。

ママさんナースが夜勤専従するなら、院内託児所・保育所完備の病院を選ぶのもおすすめ

夜勤専従なら子供が寝ている間に働く、といったこともできます。

24時間対応の院内託児所・保育所がある病院であれば、子供が寝ている間に働くことが出来ます。
(グズっているかもですが・・・)

子育てに不慣れな夫だから・・・かえって夜勤の間、心配で。
といったママナースもいるかもしれません。

そうした場合も、院内託児所・保育所の方が何かあれば、様子を見に行きやすいので安心感もあるといえるでしょう。

院内託児所・保育所ありの病院で勤めることで、色々と選択肢を持てるのは良いのではないでしょうか。

ママナースOK、看護師夜勤専従求人を見つけるには

ママナースが夜勤専従で働くことを考えた場合、ママナースに理解のある病院や施設で夜勤専従の求人を見つけることが大切です。

そのためには、職場の内部情報を知ることが必要になりますね。

ママナースがどれくらい働いているのか、夜勤時の残業はどうか、仮眠・休憩はちゃんと取れているのか、給与など求人票から見える以外の情報が大切になってきます。

ママナースが看護師夜勤専従求人を見つける際には、職場の詳しい情報を持つ看護市転職エージェントを活用する方法がおすすめです。

先ほどもご紹介しましたが、

看護のお仕事

医療ワーカー

といった看護師転職エージェントはサポートの評価も高く、利用者満足度が例年高いエージェントとなります。

全国対応ですから、お住まいの地域の夜勤専従の看護師求人や夜勤バイトの情報も得やすいはずです。

子供の成長に合わせて働き方を変えやすいのが、看護師の仕事といえます。

その時々で働きやすい、ママナースとして子育てと両立しやすい職場探しにぜひ活用されてみてはと思います。


看護師派遣会社おすすめランキングはこちら

MCナースネット インタビュー記事

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket

ママナースの夜勤専従、日中は子育てしやすい?:関連ページ

高額 高給与の看護師 夜勤専従求人
高額 高給与 看護師夜勤専従の求人 高額・高給の看護師夜勤専従の求人について。 夜勤専従看護師求人の中には、年 […]
夜勤専従常勤の看護師求人
目次 夜勤専従常勤 看護師求人を見つけたい場合には夜勤専従常勤は高給与・高年収での募集が多い常勤での夜勤専従看 […]
看護師 夜勤多めの求人を探したい
看護師 夜勤専従 夜勤回数多めの求人 1回の夜勤で3万円~4万円といった給与が得られるため、できるだけ夜勤の回 […]
子供がいても夜勤専従看護師として稼ぐには
目次 子連れでも、高給与が得られる夜勤専従看護師として働くには育児と両立するためにあえて夜勤専従看護師として働 […]
看護師 夜勤が楽な職場
看護師 夜勤が楽な職場 夜勤はキツイ、出来れば夜勤はしたくない・・・という看護師さんは多いでしょう。 看護師1 […]
子供が何歳になったら夜勤する?(看護師の仕事)
看護師 夜勤は子供 何歳から? 看護師の仕事に夜勤はつきものです。 師長から「早く夜勤に入って欲しい」と言われ […]
夜勤専従 短期看護師求人
短期間 夜勤専従看護師として働く 高額な給与が得られる夜勤専従看護師。 連休が多く作れてお給料が高いのは魅力、 […]
夜勤専従 おすすめ看護師派遣会社・紹介会社
目次 夜勤専従看護師求人、おすすめ看護師派遣会社夜勤専従に強い看護師紹介会社夜勤専従に強い看護師派遣会社夜勤専 […]
月1,2回OK、看護師夜勤バイト・夜勤専従看護師求人
月2回 看護師夜勤バイト 看護師さんの夜勤バイトは1回の勤務で高額な給与が得られるのが魅力です。 そのため掛け […]
2,3ヶ月期間限定で夜勤専従看護師として働きたい
目次 2,3ヶ月期間限定 夜勤専従看護師求人夜勤専従看護師求人に強い看護師紹介会社 2,3ヶ月期間限定 夜勤専 […]