看護師バイト単発求人に強い派遣会社 > 認定看護師 > 不妊症看護認定看護師 役割、活躍できる職場

不妊症看護認定看護師 役割、活躍できる職場


不妊症看護認定看護師とは、その役割

看護師さんの中には、不妊症看護認定看護師になることを目標とされている方もいらっしゃると思います。
認定看護師を目指して
不妊治療を受けるカップルは年々増加していますし、補助も拡大していますから、不妊治療を望むカップルは今度も増えていくと考えられます。

それに伴って、不安、迷い、イライラ、希望、とめまぐるしく気持ちが変化しやすい不妊治療を受けるカップル(特に女性)にしっかりと寄り添い、情報提供、自己決定を支援する事が重要な役割となってきます。

不妊治療を開始してすぐに妊娠する場合ももちろんありますが、多くはやはり何らかの原因があり(女性側、男性側ともに)、不妊治療が長期間に渡る場合が多いのです。

妊娠という事を考える以上、一定の期間は必要ですし妊娠中に残念ながら流産してしまったりするケースもあります。

何年も治療を行い最終的に妊娠に至らない可能性もあります。

個別性の高い継続的なアセスメントと身体的、精神的なケアがとても重要となります。

不妊症看護認定看護師の役割とは、生殖不妊医療に関する最新の知識を持ち、アセスメントから看護ケアの計画立案、実施、評価はもちろんのこと、カップルの自己決定を支援すること。

不妊症看護認定看護師となれば、関わる業務範囲も広がりますし医師から意見を求められる場面も出てくるでしょう。

赤ちゃんが欲しくても自然妊娠が難しいカップルは多いです。

1人目は自然に妊娠しても、2人目から不妊となっている事もあります。
それに気づかず数年経ち、2人目の赤ちゃんが高齢出産となるケースも多いです。

また、不妊治療には様々なストレスが伴います。
当事者にとってはとても大きなストレスとなっている事が多いです。

そうしたストレスをケアしていく事が、不妊治療を最終的に良い結果に導くために最も大切な事ではないかと思います。

また、不妊治療にあたる看護スタッフも、ストレス・ジレンマに悩まされる事が多いです。

看護師からのそうした相談にも乗り気持ちをケア出来る能力・専門知識も不妊症看護認定看護師には同時に求められてくるでしょう。

不妊症看護認定看護師となることで、関わる事が出来る業務範囲も広がりますし、当然のことながら責任も増してきますが、やり甲斐も非常に大きなものとなってくると言えます。

今後も不妊治療に取り組むカップルは増えると予想されています。

益々、不妊症看護認定看護師が必要とされる場面も増えてくるでしょう。

不妊症看護認定看護師になるために

これから不妊症看護認定看護師を目指すにあたり、バックアップしてくれる病院で働く事は重要かなと思います。

既に不妊症看護認定看護師がいる病院で働くのも良いですね。

認定看護師が看護スタッフのために定期的に勉強会を開催している病院もありますし、費用を補助してくれる病院などもあるようです。

もし不妊症看護認定看護師を目指したい、という事で目指せる環境に身を置きたい場合、バックアップ体制のある病院へ転職を考えたい場合。

まずは資格取得のためには、不妊症看護認定看護師に関しては現状として、

看護師免許取得後、実務研修が通算5年以上あること(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)

1)通算3年以上、不妊症患者の多い病棟または外来等での看護実績を有すること。
2)不妊症患者の看護を5例以上担当した実績を有すること。
3)現在、不妊症患者の多い病棟・外来等で勤務していることが望ましい。

その後、

・認定審査(筆記試験)
・認定看護師教育機関(課程)修了(6か月・615時間以上)

があります。

上記の実績がまだ無い場合には、こうした働き方をさせてもらえる病院を探すことから必要となります。

不妊症看護認定看護師はまだまだ人数が足りない状況です。

病院として、認定看護師資格取得をバックアップしてくれる所もありますから、そうした病院で働く事は、認定看護師を目指すためには重要な環境となってくる事は間違いないでしょう。

もし不妊症看護認定看護師の資格取得をバックアップしてくれる病院は転職をお考えになりたい場合には、こうした情報も持つ看護師紹介会社を活用されると、在職中で忙しい場合であっても情報収集がしやすいです。

その際には、

マイナビ看護師

看護のお仕事

医療ワーカー

といった看護師紹介会社は大学病院や総合病院などからの看護師求人にも強いですから、認定看護師を目指すために良い環境のある病院の情報提供を期待出来るでしょう。

ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。


看護師派遣会社おすすめランキングはこちら

MCナースネット インタビュー記事

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓